2年間で
海外大学卒業
してみませんか?


英語が話せない君でも
本物のグローバル人材に。

コンコーディア国際大学の
新・コミュニティカレッジ制度とは

海外大学を卒業するメリット

01.本物のグローバル人材になれる

海外の大学を卒業すると、日本語と英語どちらも使いこなせるようになり、さらに海外経験や異文化理解がある本物のグローバル人材になれます。

02.就職の幅が広がる

日本の大学を卒業した人には得られない、就職のチャンスが得られます。 例えば、1年目から海外のチームに派遣されたり、即戦力とみなされ平均給料が非常に高い採用となる可能性があります。 さらに、海外の大学を卒業することによって、海外大学を卒業した人のみの選考フローに参加できたり、 企業側から学生にスカウトされる場合があります。そのため、ご自身の理想の企業を選ぶことができます。

03.生涯賃金が上がる

海外大学を卒業することによって、
平均年収が国内大学卒より
100万円以上UP!

海外大学を卒業することによって、
平均年収が国内大学卒より
100万円以上UP!

現状の日本では、多くの方が日本のみの生活拠点で生活しています。 海外大学を卒業した事実だけでも他者との差別化が行え、自身の価値を上げることが出来ます。 実際、高い地位になることが多く、生涯賃金が高まり、夢のライフスタイルや家族構成で生活できる可能性が非常に高くなります。

けど初めての海外への進学…

こんな不安ありませんか?

英語力がどのくらい
必要かわからない

どのくらい費用が
必要になるかわからない

現地の大学に
ついていけるか不安

01

安心のチューター制度

コンコーディア専任のチューターが、学生をサポートします。 レポート式の課題を進める際、チューターから課題の進め方やヒントをもらい、自分でレポートにまとめます。 1クラス最大15名の少人数制にし、英語を伸ばしながら専門分野の対策を行いやすい環境にしています。

02

学費が抑えられる

通常の海外大学の費用はおよそ1040万円。 それに対しコンコ―ディア国際大学の提供している新・コミュニティーカレッジ制度であれば、時間が短い分、学費は480万円〜に抑えられます。

03

圧倒的な卒業率

一般的な海外大学の卒業率は、55%と言われています。 コンコ―ディア国際大学は徹底的に大学で必要となる課題・論文対策をチューターと一緒に進めていくため、98.8%以上の人が卒業しています。

04

時間を有効に活用できる

通常の海外大学は4年間で卒業しますが、 コンコーディア国際大学はその半分の2年間で卒業できるので、余った時間を有効に活用できます。

なぜ二年間で卒業ができるの?

進学開始までの流れ

卒業後の進路

選べる選択肢!

留学生の声

よくある質問

はい。決まっています。年に4回入学のタイミングがあります。IELTS5.5があるか無いかで入学日が異なるので、詳細はLINE@にてご質問ください。
16歳〜受け入れをしています。また、高校卒業済み、または、高卒認定資格をお持ちであれば、入学可能です。
コンコーディアのカリキュラムを開始後2ヶ月以内にチューターと一緒に方向性を決めます。 編入の3ヶ月前までには志願書を送るので、それまでにIELTSを取得しましょう。詳細はLINE@にてご質問ください。
はい、可能です。しかし、その場合に御渡しすべき書類がございますので、申請前に必ず一度、お問い合わせください。
ついていけないと不安に感じる理由の多くが英語に関する不安です。コンコーディアの多くの学生は1年以内にIELTS6.5を取得しています。英語力を飛躍的に、かつ効率的に伸ばすことに着目したカリキュラム内容になっています。
?2000時間以上の学習時間を確保。
?実践的英語力を養えるインターン制度。
?すぐに質問できるチューター制度。
また、イギリスの大学の1、2年間で行われる内容を網羅しているので、”他の方よりも知識が少なくなる”という心配もありません。
いいえ、4年制大学の卒業資格に値します。バチェラーズディクリーという学士は、海外の4年制大学の卒業資格に値し、2年間での同じ学士が得られます。そのため、短期大学だとみなされないのでご安心ください。海外では、早く社会に出るために卒業を早めるケースも多くあります。
その国から就労ビザが降り、そこで働き続ける人や、余った時間で、新たな資格を取得して強みを増やす方もいます。例えば、通訳の資格や、MBAなどのスキルや英語力を生かして、他の国に行って働いたり、ワーキングホリデーをされる方もいます。自国に戻る方も、留学関係のお仕事や、国際的な会社に入社された方等、様々です。海外大学から卒業証明書は世界中で通用する証明書です。自信をもってアピールできるストロングポイントです!

無料相談、説明会、資料請求の

お問い合わせ

LINEでは最新情報も随時お知らせしております。
LINEでのお問合せも可能ですのでお気軽にお問い合わせください。

必須ご用件

無料相談、説明会のご依頼


資料請求

必須お名前

必須フリガナ

必須ご年齢

必須お住まいの都道府県

必須電話番号

必須メールアドレス

任意個別相談・説明会
ご希望日時

任意備考